管理を楽にできるCRMシステムを導入するメリット

予材管理も重要な位置づけ

女性

均等にそして戦略的に

営業部署における案件管理は今後の見極めを判断するうえでも非常に重要な位置づけになっています。案件管理と一言で呼ばれることも多いのですが、案件管理には、予材管理もあります。案件として受注見込みが高くすでに営業活動を実施している案件は、案件管理で管理されます。しかしこれからターゲットとなりうる会社は予材管理で管理することになります。案件管理も重要なのですが、見込み案件を増やさないと今後の営業活動に支障が出るのです。予材管理はマーケティングをベースに管理されます。そのため営業部署のみならずマーケティングなどを行っている部署と連携をとるケースも少なくありません。顧客のニーズなどによって多角化しているニーズによってターゲットとなるものは変化しつつあります。そのため、常に現在の市場の状況と需要を鑑みて予材管理を行う必要があるのです。営業活動は目先の利益を追う事が多いため、どうしても案件管理に対して注力しがちになります。しかし長期的な視野で見た場合、予材管理しているターゲットに対して今後どのように営業戦略を絞って行うかが大事なポイントになります。アプローチから受注までの期間が長期化する現在においては予材管理のターゲットに対するスタート時期が極めて重要になります。提案資料や、営業資料を作成するなどの最初の準備が何より大事になります。営業活動は、両方の管理媒体を均等にそして戦略的に行う事が求められているのです。