管理を楽にできるCRMシステムを導入するメリット

ITを利用したチャネル

オフィス

顧客ニーズに応える

CRMシステムを導入することは顧客ニーズの多様化に適用する一つの方法であります。顧客が会社とコンタクトを取る方法は、人を介して行うのが一般的でした。例えば、窓口への訪問やコールセンターへの問い合わせなどを行うケースです。もちろん今もこのようなチャネルは活用されていますが、新しいコンタクトチャネルとしてITを利用するケースが多くなっているのです。インターネットを利用する機会は自宅のみならず、スマートフォンやタブレットなどを用いることで外出先でも利用することができるようになっています。街中や移動中などの空き時間の有効活用を行うようになっているのです。そこでCRMシステムによる顧客とのコンタクトを試みることができるようになります。通販サイトなどと連動すると顧客からの注文をその場で受けつけることができるようになるなど利便性はさらに高くなっているのです。CRMシステムの導入には初期費用がかなりかかります。サーバーなどの負荷を考慮してある程度余裕を持った設備で構築しておかなければならないからです。また保守やメンテナンスなどを常時しなければならなくランニングコストもかかります。しかし現在の社会ではそれ以上の需要がCRMシステムに集まっているのです。これらのチャネルで集めることのできる顧客は全体の数十パーセントを占めるほどなのです。そのためどの企業でも積極的にCRMシステムを導入することを行っているのです。